糸を巻き取って束ねるタッセル・スプール

タッセルづくりで最初に考えることは“糸をどうやって束ねるのか”です。一般に「糸巻き」を意味するスプールは単に糸を巻き取っておくだけの道具ですが、「タッセル・スプール」は、糸を巻き取る役割とタッセルを結び上げるための結束機能を持った道具になることです。

Tassel N

タッセル&カルトナージュのオリジナルツールです。

ウッド製オリジナルのタッセル・スプール

紹介するタッセル・スプールは手作ではありますがオリジナルの道具です。初歩的に用いる「テンプレート」は作る目的に合わせた型板を便宜的に作った消耗材料のようなものですが、スプールは糸房を定型して用いることができる道具になります。このタッセル・スプールはテンプレートで考案した形状を引き継いで、木製の強固な筐体で用いる道具へと新しくしたものです。これからもタッセルづくりがワクワクしますように!

タッセルスプール

C型に開いたスプールの両端に糸を巻き取っていくものです。巻き取る糸の量によって房の太さを決めるものです。巻き取った糸の中央を結束することで掛け紐と房の頂部ができあがり、房糸を取り外して両端を合わせて房束にする使い方をします。