カルトナージュ
カルトン・ボワ

カルトン・ボワは木材(機械)パルプです。製紙原料となるパルプには、パルプチップから薬品を使って繊維を取り出した「化学パルプ」、古紙をパルプに戻した「再生パルプ」、木材をそのままほぐしてできた「機械パルプ」の3種類がありま […]

続きを読む
カルトナージュ
カルトン・グリ

表面が灰色をしているためグレー台紙と呼ばれていますが、正式名称はチップボールといいます。フランス語のCarton gris[カルトン・グリ]は、灰色の紙を意味するもので国産のグレー台紙と特に異なるものではありません。チッ […]

続きを読む