素地のまま用いるタッセル・モールド

モールドは素地のフィニアルに使うことによって、タッセルの意匠表現の一部にするものです。モールドの魅力はスカートに用いる素材と異なる組み合せによって、スカートの連結部分が大きく現れてくることです。

タッセルに用いられるモルードは、ウッド、アイアン、ストーン、その他貝殻やプラスチック成形品をフィニアル(頂華飾り)としてそのまま用いたりすることです。モールドはボディそのものをタッセルの一部にしながら、トップボールを冠すカップや、スカートやラフを取り付けるためのグルービングや、スカートと連結するボトムカップ部分で構成されています。

Tassel N

モールドの素地を用いることでフィニアルの輪郭が際立つのが特徴です。ここに紹介するモールドは一例にすぎませんが、樹脂で成形したモールドをカラーリングしたオリジナルです。

モールドを使用した作例