布地のトランプト・トリム

カルトナージュの優しさは“布地の風合い”です。それだけに触ってみたくなるカルトナージュを目指してキルト風に膨らんだオリジナルの包み手法をご紹介します。カルトンの表面にキルトでいうトランプトの立体パターンを作ったものです。

キルト風にトランプト柄をつける方法

キルティングによって膨らんだ状態をカルトナージュで実現できるの?とばかりに挑んだ包みの手法は、カルトン・ボワにトランプト柄の溝を切っておき、キルト芯を重ねて膨らむ芯を作った後から、クロスに均一な高さと大きさで張りを持たせた膨らみを作るためにキルト型で固定しています。

トランプトの溝切りをした芯材
トランプトごとのキルトの膨らみ
クロスで包んだ意匠

手間のかかる型押し接着

キルティングのように布地を均一で美しく仕立てるためには、均等に圧締するための組型をカルトンで作りプレスに用いています。全体をクランプで固定しクロスの遊びを均等に逃がして、溝を掘った部分にクロスを確実に接着させて筋付けを行うためです。トランプト・トリムは表面の意匠だけを確実に作るためのもので、クロスのシワや浮き、張り不足、パターンの変形や間隔のズレがないよう確実に定着させます。プレスして仕上げたトリムは、均一な圧締をうけてキルト風のモールドを現してくれました。

厚紙で作成した型押し
型押しごとプレスして圧着

作例)キャスキット

Tassel N

通常は箱状のものを包むのですが、トランプトに包んだあとで組み立てる「化粧組み付け」をしています。