和結びでつくる飾り房

名前の語源に結び目の呼称を用いたクラウンノット・タッセルは、和名にすれば『四角編み房』となります。房づくりには多様な飾り手法があるのですが、糸を結んだだけの「結び房」は、作ってみるとタッセルの原形を表しているように思います。結び方の一つ「クラウンノット」を用いて。服装や調度品、カルトナージュにも使える簡単な飾り房をご紹介します。

【使用した材料・道具】
・房糸(スーピマコットン)
・掛け紐(ビスコースレーヨンの三子)
・括り紐(ビスコースレーヨンの双子)※コード素材は房と同じスーピマ綿でもよい。
・道具:綛、とじ針、裁ち挟み、マスキングテープ(房の解け留め)

おすすめ記事

房飾りと結びの文化を綴ったSALON記事をご紹介します。