クリスマス菓子トローネ

タッセルの発想はオーガニック

自然のマテリアルを使ったタッセルは今が旬。麻や木のナチュラルな色を活かした使い方を試みました。ただ・・今どきの自然を基点にした考え方は、さらに自然な感覚に訴える新しさです。タッセルの糸には元々、綿や絹、羊毛の自然素材を使って“ナチュラル・タッセル”と称したりするので、どうやって新しく見せていくかが創作のヒントです。

フィニアル型タッセルのつくり方は、必要なパーツを集めてモジュール的に組み立てる“アセンブラージュ”(寄せ集め)という手法になるでしょう。オリジナルのペグトップを少しカラーリングし直して半巻きにスネイリングし、シルエットラインとメタル感で新しさを見せています。スカート素材はリネン・シルク(麻と絹の混紡)をそのまま使っていますが、白を少しくずした配色に小枝の断面を結びつけたミックススタイルです。

自然マテリアル

Tassel N

なぜだか・・イタリアのクリスマス菓子“トローネ”(Torrone)から着想したもので、自然の美しさを味わえるタッセルに思えたのです。