締・束・着・節

タッセルづくりは糸で引き締めたり房を束ねたり、紐と紐を結び着けたり、紐に結び目をつくったりするため、糸や紐を用いた「締・束・着・節」が基本だと考えています。一般的な結び方は、作業における実用的な結び方と、装飾を意図した結び方に大きく分けられていますが、元々は結びの材料の一つとして位置づけられており、タッセルに明確な独自の結び方があるわけではないようです。しかし、タッセルを単独の装飾として捉えた場合には、タッセルを結ぶ考え方が必要だと思います。手芸用タッセルなら一般によく知られる結び方で十分ですが、装飾の意図を拡げていくにつれタッセルに用いる結び方はバラエティに富んでいくからです。

引き締め・束ね・結び着け・結び目

結び方とは一定の規準で結びつける方法になるため、単独でも使用できる結び方をタッセルに合わせて応用しています。実際にどこでどう用いるかは作っていかないと見えてこない部分ですが、それだけにタッセルの一部として捉えることが大切です。そうしてタッセルの形態に応じて結びを組み合せていくのです。

締・束・着・節の例

Tassel N

例えばコードを撚り合わせると、糸を撚り合わせた末端の縒り戻りを防ぐために「結節」をつくります。この時の結び方は、「オーバーハンドノット(ひとえ結び)」や「エイトノット(8字結び)」等の結び方を用います。また、掛け紐のような一本の紐を輪状に回してループをつくるための結び方は、互いの紐を固定するための結節をつくる「ウォールノット(露結び)」をはじめとした各種の結び方があります。

掛け紐を房束と接合する段階の結び方は、房との接合の仕方で変わってきます。簡易に吊り下げる場合は「ランヤードループノット(雲雀結び)」を用いる結着法であったり、強く縛って固定する場合なら「サージョンズノット(外科結び)」等を用いる締着法であったりします。これにより頂部と房部とに部位が分けられますが、さらに束ねて動かないようにするための「ホイッピング(端止め結び)」で仕上げるのです。

紐や糸で引き締める「締」
房糸を束ねる「束」
紐や房を結び着ける「着」
紐に結び目をつくる「節」