サージョンズノット

“外科結び”として知られるサージョンズノットは、束ねた糸の密度を安定させ、結び目が解けない結び方として多用します。結びの基本は「締め・止め」の両方を組み合わせるため、糸を束ねてタッセルの姿形を作る際に、束ねた糸を最初に締め付ける際に、糸の反発をある程度抑える結び目であることが重要です。次に縛った糸を止め上げる結びによって安定します。この結びを備えたのが「サージョンズノット」(外科結び)です。

下結び・上結び

サージョンズノットの特徴は、下結びで結束し上結びで締着することが特徴です。下結びは締め付けを安定させるストラングルノットを用い、上結びにオーバーハンドノットを組み合わせたものが一般的ですが、上結びを二重に巻く結び方まで展開できます。一重の場合は、細い糸で括ったり下巻きしたりすることに用いるのですが、太糸や撚り紐を用いる場合は解けやすくなるため二重で結び止めます。結び目は横に大きく広がりますが摩擦抵抗が増すため、ハンギングコードでスカートをバインドする場合の結びの止め上げに有効です。

結び方