ストラングルノット

ストラングルノットは、束ねた房糸の引き締めに用いる基本的な結び方です。オーバーハンドノットをさらにツイストさせた“ふた結び”と呼ばれています。結び目の力点が二重になることで、締め付けを強くする結びになります。ツイスト回数が二重になるだけで結んだ糸が滑りにくくなって紐抜けしにくく、束ねた糸の素材反発が強い場合に有効です。
タッセルづくりでは、下巻きに汎用する縛り方ですが、締め付けを保つことはできても、結び目を完全に固定することにはなりません。そこで、結び目の止め上げにオーバーハンドノットを用いたり、同じストラングルノットを組み合わせた「サージョンズノット」に展開した結び上げをします。

結び方