ツイストコードの甘撚り・固撚り

タッセル紐(タッセルコード)の撚り合わせ方には甘撚りと固撚りとがあります。タッセルづくりで気づいた撚り合わせ方の特徴について述べてみたいと思います。

甘撚り・固撚り

糸をねじり合わせて紐にする際に、糸をねじる回数を少なくした撚り合わせ方が「甘撚り」で多くしたのが「固撚り」です。

甘撚りにしたツイストコード
固撚りにしたツイストコード

甘い撚りは糸目が長くなり光沢感が大きくなり摩擦も少なくしなやかなコードになります。固い撚りは糸目が短く詰まり光沢感が細かくラメのような光り方をします。摩擦が多くなり固く張ったコードになります。
普段使いでは、結びや束ねに用いるので固撚りに合わせることが多いのですが、掛け紐に使う場合は固く撚りすぎると撚り戻す反発が強くなります。巻き珠の巻き紐は、撚りが甘いと巻いていく内に糸目がつぶれたり撚り解けしたりするので固く撚り合わせています。