タッセル結び方

タッセル手帖
結節の基本

糸や紐を結び合わせて節をつくることを「結節」といいます。タッセルづくりでは、房を留めつけたりする作用点や房を支えるための力点に用いる結びの手法です。結節は単なる糸の端止めだけでなく、結節をかけ紐の始点や止め結びの支点、装 […]

続きを読む
タッセル手帖
サージョンズノット

“外科結び”として知られるサージョンズノットは、束ねた糸の密度を安定させ、結び目が解けない結び方として多用します。結びの基本は「締め・止め」の両方を組み合わせるため、糸を束ねてタッセルの姿形を作る際に、束ねた糸を最初に締 […]

続きを読む
タッセル手帖
ストラングルノット

ストラングルノットは、束ねた房糸の引き締めに用いる基本的な結び方です。オーバーハンドノットをさらにツイストさせた“ふた結び”と呼ばれています。結び目の力点が二重になることで、締め付けを強くする結びになります。ツイスト回数 […]

続きを読む
タッセル手帖
ダブルオーバーハンドノット

かけ紐をループさせて大きな結節をつくるダブルオーバーハンドノットは、オーバーハンドノット(一重)から、さらに二重に巻くストラングルノットから展開する用い方です。タッセルづくりでは、ストラングルノットを“結束”で用いるのに […]

続きを読む
タッセル手帖
エイトノット

8の字を巻くように結び合わせてつくる結節法がエイトノットです。タッセルでは掛け紐をつくる際に結び目が二重になることからダブルエイトノットと呼ばれる結び方になります。エイトノットは主に細引きのコードの端止めに用いるのですが […]

続きを読む
TOOLS & MATERIALS
結びの止めあげ

タッセルの結び目を接着固定する タッセルの結びが解けないようにするには、結び目を接着して固定するのが望ましいです。一般にタッセルで用いる結びの力点は、作業で用いた「結びの止め上げ」と最後に仕上げる「結び上げ」です。特に結 […]

続きを読む
タッセル手帖
締・束・着・節

タッセルづくりは糸で引き締めたり房を束ねたり、紐と紐を結び着けたり、紐に結び目をつくったりするため、糸や紐を用いた「締・束・着・節」が基本だと考えています。一般的な結び方は、作業における実用的な結び方と、装飾を意図した結 […]

続きを読む
タッセル手帖
ホイッピング

ホイッピング(american-whipping)は、タッセルの基本結束法です。ホイッピングは、一本のコード(紐)を用いて、結びを固定する支点をつくり、コードを引き揃えながら巻き上げ、コードの端を巻き上げた内側にしまい込 […]

続きを読む
タッセル手帖
撚り止め

タッセルの結び方の初歩は、撚り合わせたコードが撚り戻らないよう、端から中程あたりに節をつくり撚り戻りを防ぐ結節法を用います。1本に撚り合わせたコードの末端を止める結び方には、“オーバーハンドノット(ひと結び、止め結び)、 […]

続きを読む
タッセル手帖
オーバーハンドノット

“ひと結び”“一重結び”と呼ばれるオーバーハンドノットは、糸の端止めや結び目の止め上げに用いるのが基本です。綿糸で撚ったコードの端止めや下巻き糸の括り、太めのコードループの結束を簡易にする等に用います。実際オーバーハンド […]

続きを読む