カルトナージュ製図

カルトナージュ手帖
複合曲線を用いたカルトナージュ

複合曲線は複数の円弧の心点で描いた円弧を一つに繋いだ曲線です。心点の距離が異なる円弧と円弧をつなげることで、滑らかに偏平した曲線を作図する方法について述べてみたいと思います。 複合曲線の描き方 オーバル形をはじめとした楕 […]

続きを読む
カルトナージュ手帖
反向曲線を用いたカルトナージュ

カルトナージュの形に用いられる反向曲線について述べてみたいと思います。反向曲線は円弧の中心点を相反する位置にとり、円弧と円弧を異なる向きで繋げた曲線です。円弧の大きさや長さを違えて連動させることで波を打つ曲線を作図するも […]

続きを読む
カルトナージュ手帖
単曲線を用いたカルトナージュ

曲線を用いたカルトナージュを代表するサークル形は、コンパスで360°描いた真円を基底に用いた「単曲線」による作図です。円弧の中心点を単一とする単曲線の用い方について述べてみたいと思います。 単曲線の用い方 単曲線=円弧を […]

続きを読む
カルトナージュ手帖
台紙に製図するポイント

カルトナージュで製図の精度を活かすには、製図に基づく正確なカルトンのカットまでが重要です。製図した寸法とカットして取り出した寸法が違わないよう、製図とカルトンのカットが関わるポイントを述べてみたいと思います。 台紙に製図 […]

続きを読む
カルトナージュ手帖
カルトナージュの製図寸法

カルトナージュを設計・製図するためには「仕上がり寸方」「設計寸法」「みなし寸法」の3つの製図寸法を知っておきましょう。厚紙を用いた箱の組立てができてこそ、正確な製図が活かされたと実感します。 カルトナージュ「3つの製函寸 […]

続きを読む
カルトナージュ手帖
製図線の描き方

カルトナージュの製図は、標準的な形を二次元(平面)で作図する工芸製図を基礎にしています。製図用具を用いて立体から展開された図形を描くことから始まるのですが、単純な図形であってもその図形を描くためには、直線、曲線、斜線、直 […]

続きを読む
カルトナージュ手帖
カルトナージュ製図を始める前に

カルトナージュ製図と言われると苦手意識を持つかもしれませんが、製図には工業製図・機械製図・建築製図など、様々な分野において相応の考え方と技術があり、カルトナージュは工芸製図という実用と美的価値を兼ね備えた工作物を作るため […]

続きを読む
カルトナージュ手帖
正五角形の図法

カルトナージュでペンタゴンの形をつくるなら、最もポピュラーな分度器を使って作図する方法ですが、工芸製図における五角形の作図方法は「正円に内接する正五角形の図法」が基本です。 分度器による図法 ふつう正多角形でトライするの […]

続きを読む