カルトンの表裏の見分け方

一般的な厚紙の製造過程では、繊維の目が製造されていくことで紙目と同時に表裏ができます。カルトナージュでは厚紙を適切に用いることが重要です。厚紙を取り扱う際に大切な表裏の見分け方について説明します。

厚紙の表と裏について

一般的な紙は表面を滑らかに加工しています。表面は滑らかで光沢がある面を表裏の見分け方にしています。しかし紙によっては、和紙や水彩紙、デッサン用紙等は逆にして用いるものや、表と裏が同じ滑らかさをもつ見分けにくい紙まであり、最近では表裏のない紙も加工されるようになりました。

カルトナージュでは厚紙を芯材に用いるのですが、表と裏を適切に用いなければなりません。一般によく使うグレー台紙は、板紙に用いる古紙再生紙で表面は灰色をしています。厚紙の紙目や表裏が適切でなければ、切りにくく、曲げにくく、反ってしまう種々の問題が生じます。しかし一般には、なかなか表裏を見分けることが難しいところがありますので、できるだけわかりやすく見当が立てられるポイントを押さえておきましょう。

表裏の見分け方

目視して確かめる方法

目で確かめる方法は、グレー台紙は表のほうが明るい灰色・裏のほうが濃い灰色です。カルトン・ボワは表が滑らかな繊維質で裏が荒い質感をしています。

グレー台紙の裏面(左)と表面(右)の比較
カルトン・ボワの裏面(左)と表面(右)の比較

手で触って確かめる方法

グレー台紙とカルトン・ボワ共に、表面の繊維が詰まってツルっとした感触です。裏面は繊維が荒くザラっとした感触です。カルトン・ボワは比較的に確かめやすいのですが、グレー台紙は一見して表裏の見分けがつきにくいものや、カードボードは表面がプレスされて確かめにくいことがあります。そこで、実際に厚紙を持ってどちらに反りやすいかで表裏を区別する方法も覚えておくとよいでしょう。

Tassel N

厚紙の製造上の性質で、表面の繊維密度が高く裏面の繊維密度が荒いことから裏面の方に反りがでやすくなります。カルトンの紙目を踏まえてカルトンを少し反らせてみると、反りやすい面と張りがある面がでてくるのです。

お役立ち講座

カルトナージュに欠かせない厚紙の知識をまとめたページをご覧いただけます。