厚紙の名前・種類

厚紙は厚く丈夫で安全性も高く、安価で優れた材料です。厚紙製の箱が軽く丈夫であることは、日常で使える実用的なものになります。厚紙は他の材料に比べても、強い構造を作ることができます。カットしたり接着したりするには、大きな力や特別な道具も必要としません。厚紙は簡単に裂けたり、ガラスのように割れてケガをすることがない安全な材料です。カルトナージュのような布地製函は、厚紙を芯にして布地でくるんでしまうのが特徴です。そういった意味から厚紙のことを「芯材」と呼びかえたりもします。厚紙の特質や種類には幾つかあり、用い方や仕上がり方が変わります。布箱に使う代表的な厚紙を例に特徴を述べてみましょう。

カルトナージュで使う厚紙の種類

カルトナージュづくりで用いる厚紙は、市販品で3種類の厚紙を使っています。(私の場合)

カルトン・グリ

カルトン・グリ(carton gris)とは、フランス語で“灰色をした厚紙”という意味です。一般通称としてグレー台紙とも呼ばれています。紙の名称は板紙類のチップボールといい、主に古新聞・古雑誌を原料にした古紙再生紙として身近な紙箱等に用いられています。画材・工作材料として安価で手に入れやすい材料です。紙の厚さでは、およそ0.5mm、1mm、2mmが最もよく使われています。

カルトン・ボワ

カルトン・ボワ(carton bois)は、フランス語で“木材の厚紙”という意味です。原料に木材パルプ(機械パルプ)を使い、グリよりも美麗で明るい黄淡色をした厚紙です。殆どフランスから額装材料の裏板紙に使う材料として輸入販売されているものです。元々は下級品であり、一般の額装店でもなかなか手に入れる事が難しい厚紙です。グリよりも軽く、柔らかく、何よりも布地映えが良いことで好まれています。

カードボード

一般の商業紙器に用いられるカードボードという厚紙類です。カードボードには、薄いものから厚いもの、安価なものから高級なものまであり、その中には布箱づくりに適した厚紙があります。カードボードの良さは、プレス加工によって美麗な表面を持った厚紙で強いコシと張りがあります。中には白色・茶色・黒色等、色を持つ種類もあります。化粧小箱や手帳・バインダーの芯材に向く薄くて硬いことが特徴です。

厚紙の比較

カルトン・グリを芯材にした箱
カルトン・ボワを芯材にした箱
カードボードを芯材にした箱

お役立ち講座

カルトナージュに欠かせない厚紙の知識をまとめたページをご覧いただけます。